ユベラ軟膏手の甲のカサつき

手の甲のカサつき部分にユベラ軟膏を塗りました

わたしは手の甲が鮫肌のようにかさかさしていたので、ハンドクリームを塗ってもすぐ乾く感じになりますし、オイルを塗ってもなかなか改善されないので、皮膚科へ行き、症状を確認してもらいました。

 

家事する時は手袋をつけるなど、普段からケアしていましたが、年齡を重ねるごとに油分もかなり少なくなり、手の甲は特に乾燥しやすい部分なので、しっかり保湿を行った後にユベラ軟膏を塗ると次第に肌が柔らかくなるとアドバイスがありました。

 

自己判断せず、皮膚科を受診したことで、手の甲のカサつきの理由も分かり、ケア方法も理解できたので良かったです。

 

家事をしていると食器を洗ったり、洗濯物を干す時もかなり指先が冷えていたので、熱を奪われるので手の甲が自然とかさかさになり、ハンドクリームのみでは十分にはケアできないとのことでした。

 

手をなるべく温めて、そしてかさかさしている部分には、1日数回ほどユベラ軟膏を塗ることで肌が柔らかくなるとのことで、しっかりとケア方法がわかったのでユベラ軟膏を塗るようにしました。

 

手の甲を中心にハンドクリームやオイルを塗ってセルフケアしていましたが、マッサージをすることで血行が良くなり、ツボを押して血流を良くすることも重要だということで、ハンドマッサージも行いました。

 

40代になってから冷え性になり、手の甲もかさかさしてきたので、体質が今までとは違い変化しているのが実感できます。

 

また、ハンドマッサージを塗った後は手袋をつけるとしっとりするので、寝る際には就寝用手袋を使うようになりました。

 

ユベラ軟膏をカサついている部分に塗るようにしたところ、次第と改善されてきてツルツルになったのでとても心地よく感じるようになりました。

 

(東京都 町田っ子 手の甲のカサつきさん)